これからアパート経営を考えている人へ、管理会社の選び方まとめサイト

その不動産会社で大丈夫?アパート管理のポイントとは

>

アパート経営をする人が増えている

管理会社が行う業務とは

管理会社が行う業務は、大きく分けると入居者への対応と建物への対応の2種類になります。
入居者への対応として、内見希望者への応対、賃貸借契約の書類製作、家賃の回収や滞納者への督促、クレームの処理、退去時の立ち会いなどがあります。
建物への対応としては、建物の定期的な点検やメンテナンス、リフォーム、共有部分の清掃などがあります。
その他にも入居率を上げるための宣伝活動や家賃などの条件設定をオーナーへ提案などもしてくれます。
これらの業務の中には、専門的な知識がないと難しいものもいくつかあります。
なので、やはり、初めてアパートの経営をするという初心者の方や時間にあまり余裕がないなんていう方は、管理会社に任せるのが良いと思います。

費用の相場について

管理会社に月々どれくらいの管理手数料を支払うことになるのか気になりますよね。
管理手数料(管理委託料)の相場は、大体、大手の不動産会社で5%か10%、町の不動産屋だと家賃の3%から7%くらいと言われています。
仮に家賃が10万円で管理手数料が3%だった場合、1戸あたりの管理手数料は3000円となります。
様々な煩わしい業務を代わりに行ってくれると考えれば、決して高くはないように感じますね。
しかし、管理会社によって契約内容は様々で、管理手数料に入る業務も微妙に違いがあるので、この業務は管理手数料に入っていないとして、管理手数料以外に別途、請求されることもありえます。なので、後々トラブルが生じないように契約する前に契約内容をよく確認するようにしましょう。


このTOPICSをシェアする